目の下のたるみ対策 アイクリーム成分

MENU

目のたるみがの原因とたるみ対策に有効なアイクリームの成分について

 

目の下にたるみができてしまう原因は?

目の下のたるみはシワと同じでコラーゲンやエラスチンが減少したり変性したりすることが原因で起こります。
10代、20代では肌のうるおいを保つ成分や弾力を保つコラーゲンを作り出す力がありますが年齢と共に衰えてきます。

 

コラーゲンは細胞ではないため再生するのに時間がかかります。そのため一度コラーゲンやエラスチンがダメージを受けると、シワやたるみができやすくなってしまうのです。
年齢と共に筋肉量が低下し肌を支えることができなくなってくることも目の下のたるみの原因になります。最近は、長時間のスマホ使用で表情筋が衰えて起こるスマホたるみが増えていると指摘されています。

 

無理なダイエットも目の下のたるみの原因になる可能性があります。急激に体重を減らし目の周りの皮下脂肪が無くなると、皮下脂肪で伸びていた皮膚が下がって目元のたるみが目立ってしまうのです。下がってしまった目元の皮膚はセルフケアでは元に戻すのがむずかしく、解消するには美容外科の手術に頼るしかありません。

 

 

目の下のたるみはコラーゲンを増やすアイクリームを選ぶ

  • セラミド、ヒアルロン酸といった肌のうるおいを保つ成分
  • コラーゲンの生成を促すビタミンC誘導体
  • コラーゲンの生成を促しながら肌の代謝を高めるレチノール

アイクリームを選ぶ時は、このような成分が配合されているものがおすすめです。
肌の乾燥を放置しているとターンオーバーが乱れ弾力が失われていきます。目の周りは特に乾燥しやすい部位ですから、保湿ケアでハリを保つように心がけましょう。

 

ビタミンC誘導体は肌に吸収されるとビタミンCに変わります。肌の中で酵素に働きかけコラーゲンの生成をサポートするとされています。アイクリームによってはビタミンC誘導体をより浸透しやすく工夫されてものもあります。

 

レチノールはビタミンAの仲間で肌の代謝を高め、コラーゲンやエラスチンの生成をサポートするとされています。美容皮膚科で処方されるトレチノインよりも作用がマイルドですが、目元のたるみとシワのケアに人気がある成分です。

 

目の下のたるみ対策はアイクリームや目元美容液でのケアがおすすめ

 

 

関連ページ

目の下のたるみを取る方法
目の下のたるみは目の周りの筋肉が衰えるとどんどん進行していきます。たるみを取るる方法を実践してきれいな目もとを維持していきましょう。