紫外線が目元のシワやたるみの原因

MENU

目元のシワやたるみの原因は紫外線って本当?

 

加齢や表情筋の衰えも目元のシワやたるみを作るきっかけになりますが、いちばんの原因は紫外線です。
  • 紫外線がコラーゲンやエラスチンにダメージを与え弾力が失われる
  • 紫外線の影響で肌のバリア機能が低下し水分不足が慢性化する
  • 紫外線などで発生する活性酸素は細胞の老化を早める

 

目元は皮膚が薄いため紫外線のダメージが現れやすいのです。さらに、目元は日焼け止めの塗り忘れが意外に多く塗り直しもしづらいため紫外線のダメージを受けやすいといえるでしょう。

 

 

目元を紫外線ダメージから守る方法

目元は日焼け止めの塗り忘れをしやすい部位です。目に入らないように注意しながら目元にもしっかり日焼け止めを塗りましょう。

 

日焼け止めを目のきわギリギリまで塗ると日焼け止めに配合されているアルコールや紫外線吸収剤が刺激になってしみたり涙が出たりすることがあります。ノンケミカルの日焼け止めやUVカット効果がある目元用下地に切り替えると症状がやわらぐことがあるそうです。

 

腕やデコルテと違い、目元は日焼け止めの塗り直しがしづらい部位です。外出時はサングラスや帽子で目元に降り注ぐ紫外線をブロックしましょう。
サングラスは眩しさを抑えるだけでなく確実にUVカットができるものを選ぶことがポイントです。サングラスに貼られているシールやタグをチェックしてみましょう。

 

サングラスにはこのような表記がされています。

  • 紫外線カット率
  • 紫外線透過率
  • UV400

紫外線カット率は紫外線をどのぐらいカットできるかがわかります。UVカット率99%以上のものがおすすめです。

 

紫外線透過率は紫外線をどのぐらい通すかがわかります。UVカット効果のあるサングラスであれば紫外線透過率1.0%以下であることがほとんどです。よりUVカット効果の高い紫外線カット率99.9%のサングラスであれば紫外線透過率は0.1%となります。

 

紫外線A波の波長は315〜40nm0、紫外線B波の波長は280〜315nmとされていいます。サングラスのUV400は、波長400以下の紫外線をカットできることを示しています。紫外線A波は真皮まで達しコラーゲンヤエラスチンを破壊するため、目元のシワやたるみを防ぐにはUV400のサングラスを選びましょう。

 

UPF値で紫外線対策品を選ぶ

帽子、サンバイザー、日傘などのUV対策アイテムはUPF値を目安に選びましょう。UPFはオーストラリアやニュージランドで採用されている規格で未着用に比べどのぐらい紫外線を防げるかがわかります。

 

UPFの数値

  • UPF15〜24 Good
  • UPF25〜39 Very Good
  • UPF40〜50+ Excellent

数値が高いものほど紫外線から肌を保護する効果が高いことがわかります。洗濯をしても効果が低くなることはほとんどありません。

 

後からUVカット加工を施した布製品は、洗濯を繰り返すとUVカット加工の効果が落ちてしまうものがあるので注意が必要です。生地そのものにセラミックなどが織り込まれているものなら洗濯をしても効果は変わりません。

 

目元のたるみやシワにならないお手入れについて

関連ページ

正しいアイメイクの落とし方
アイメイクを落とす際に目元に大きな負担をかけてしまうことが多く、目元のシワや目の周りのたるみにつながりやすいです。
目元に負担をかけない洗顔方法
目元は皮脂腺が少なく、顔の中でも皮膚が特に薄いため乾燥しやすい部位なので、洗顔をする際にも注意を払いましょう。