アイクリームの使い方

MENU

目元のシワ改善におすすめのアイクリームの使い方について

 

目元のシワはアイクリームを使い分ける!
目元の乾燥が原因のシワ

乾燥肌の方、季節の影響や間違ったスキンケアで肌が乾燥してしまった方にできやすい目元のシワには、保湿に重点を置いたアイクリームがおすすめです。セラミドやヒアルロン酸といった保湿効果の高い成分が配合されているアイクリームを選びましょう。

 

アイクリームを使う前に十分な保湿ケアを行うことも乾燥が原因の目元のシワ改善に効果的です。

 

加齢や紫外線が原因のシワ

年齢と共に肌がコラーゲンを生成する力が衰えることや紫外線ダメージの蓄積でコラーゲンが減少することが原因の目元のシワには、コラーゲンに働きかけるアイクリームが効果的です。

 

ビタミンC誘導体が配合されているアイクリームはコラーゲンの生成を促す効果が期待できます。レチノールは肌の生まれ変わりをサポートしてシワを目立たなくするとされていますが、美容皮膚科で処方されるレチノイン酸よりも作用が穏やかで効果が表れるまで時間がかかることがあるようです。保湿ケアも同時にできるアイクリームならより効果的なケアが行えます。

 

 

目元のシワ改善に効果的なアイクリームの使い方

クリームは水を弾く性質があるため、化粧水→美容液→乳液→クリーム→アイクリームという順番でスキンケアの最後に使うのが基本です。肌質やお使いのスキンケアアイテムによって異なることがありますが、油分の少ないものを先に使うと覚えておきましょう。

 

アイクリームは塗りこむというよりも、指の腹を優しく押し当てるイメージでなじませます。乾燥が気になる時はつい量を多くとってしまいますが、一度にたくさん使うよりも少量ずつ使い、気になる部分を重ねづけする方がなじみやすいのでお試しください。

 

アイクリームを使う時に無理に目元のシワを伸ばしたり強く肌をこすったりするとコラーゲンやエラスチン線維がダメージを受けてしまうことがあります。目元のシワを増やす原因になりますから肌を伸ばしたりこすったりしないよう注意し、優しくアイクリームを重ねることがポイントです。

 

 

目元のシワ対策におすすめの目元ケアの方法

関連ページ

目尻にシワができる原因
目尻にシワができてしまう原因は主に3つあります。目尻のシワの対策をするためにはしわができる原因を知って目元ケアの予防と対策を行いましょう。
目元のシワが悪化する間違ったスキンケア
目の周りは皮膚がとても薄くちょっとしたことでもダメージを受けてしまいます。特に40代を超えてくるとハリやうるおいも無くなってきてしまうため、間違ったスキンケアでさらに悪化してしまいます。